矢田亜希子がイメージモデルを務める脱毛サロン

矢田亜希子がイメージモデルを務めている脱毛サロンである「エタラビ」は、全身脱毛の技術にとても定評があり人気を集めています。
脱毛といってもただ単にムダ毛を抜くだけではなく、自己処理で受けたダメージを軽減させたり美肌を促進させるような脱毛の施術を行ってるのが特徴です。全身脱毛をすべて完成させるためには最低でも2年という歳月が必要なため、時間や根気も必要になってきます。

そのような期間をエタラビでは、熟練した技術を持つスタッフがサポートしてくれるため安心です。コスト面の問題から多くのサロンではタオルやガウンを自社で使いまわしているのが一般的ですが、正直衛生的とは言えない部分があるのも事実です。
しかしこの脱毛サロンでは高級ホテル仕様の上質なタオルやガウンを使いきりで使用しているため毎回の施術を大変気持ちよく利用することができるのも嬉しい点です。このような点からとても心地よい環境で施術を進めていくことができます。

また、施術で受ける肌のダメージを少しでも軽減するため、医療機関と共に開発した特殊な保湿ローションを使用している点も特徴と言えます。さらにコラーゲンを多く含んだ専用ジェルを併用することによって相乗効果を期待することができ、脱毛効果と美肌効果を得ることができるのです。脱毛サロンエタラビは創業10年になりますが、全国に多くの支店を持つため自分の住んでいる地域の近くでも店を探すことができます。

痛いと言われるVIOラインもエタラビは大丈夫

薄着になる季節になるとムダ毛の処理もいつも以上に念入りにする方は多いですが、自己処理ですと全て取りきれているかどうか心配ですし、肌トラブルや色素沈着などが起こる場合があるので脱毛サロンなどを利用する方が増えています。
水着を着て動きすぎた時にムダ毛が気になることもあるのでVIO脱毛をする人も多いですが、全身の中でもVIOはデリケートゾーンなので痛いのではないかと思う方も多いです。

全身脱毛で満足度が高いと評判のエタラビという脱毛サロンがありますが、エタラビは全身脱毛だけでなくVIO、つまりビキニライン周りの脱毛でも人気が高いサロンのひとつです。
エタラビは光脱毛という方法で脱毛をします。肌の表面温度を上げずにムダ毛のメラニン色素に反応させて脱毛をするので、肌ストレスなども少なく肌に優しい脱毛方法です。

VIOは太い毛が多いので痛いと感じる方もいますが、施術前には医療機関と共同開発した潤水美白ローションを使用し、保湿します。更にコラーゲンをたっぷり含んだ専用ジェルで脱毛しながらキレイな肌にしていきます。
乾燥していると痛みを感じやすいので、ローションとジェルを使用することにより強いは軽減されますね。そしてとてもリーズナブルな点も魅力のひとつです。

女性らしいオシャレな水着やかわいい下着もムダ毛の心配をしなくて済みますし、脱毛の痛みを抑えながら美肌効果も得られるので、VIO脱毛をしてみたいと考えている方はエタラビも候補に入れて考えてみても良さそうですね。

どこに通う?脱毛店ランキング

これから脱毛サロンに通おうと考えている人は、どこの脱毛店に通えばいいか迷うこともあるのではないでしょうか。現在は多くの脱毛サロンが出店し、それぞれ異なる特徴を持っています。

最近人気の脱毛店ランキングは次の通りです。今一番人気の脱毛店は『ミュゼプラチナム』です。追加料金なし、回数制限なしで満足するまで通えるので、脱毛といえばミュゼ、というくらい評判がいいです。脇脱毛はキャンぺーンをやっている場合が多く、低価格で脱毛できるところも魅力です。

次は『全身脱毛サロン脱毛ラボ』です。うなじやVIOなど脱毛部位が充実しているので、全身脱毛を検討している人に利用者が多いです。月額制で月に2回通うことができるので、安く早く全身脱毛をすることができることが特徴です。

そして『エターナル・ラビリンス』です。このサロンも月額制で全身脱毛を行っており、VIOを含む全身22か所を脱毛することができます。接客サービスの質がよく、高級サロンにいるようなおもてなしをしてくれることが人気の理由です。シェービングサービスもあることも魅力です。

最近急成長なのが板野友美がイメージキャラクターの「キレイモ」。脱毛ラボやエタラビと同じ全身の脱毛を強みとする脱毛サロンで後発だけあっていいとこどりみたいなサロンなのが人気の理由かもしれません。

ほかにも様々なサロンがありますが、自分に合ったサロンを選ぶことが大切なのですが、結局どこがいいのってことになります。。キレイモやエタラビが比較対象ですかね。

脱毛サロンを選ぶ際には、どの部位を脱毛したいかはっきり決めておくとスムーズです。ただ金額が安いからという理由で決めてしまうと、ほかの部位は高額だったり、追加料金が発生したりと失敗してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

更新履歴